HOMEPHONEMENUQUALITYATTENTIONSFLOWCAUTIONSMAKE SURETHERAPISTSACCESS
About aromatherapyアロマセラピーについて
■アロマセラピー/Aromatherapy
アロマセラピー(Aromatherapy)とは和訳すると『芳香療法』です。
アロマセラピーという言葉は20世紀初頭フランスの化学者ガットフォセが実験中の事故で火傷をおい、ラベンダーの精油(エッセンシャルオイル)を用いてその効能を自ら体験したことからこの植物療法をアロマテラピーと命名したことが始まりです。でも元々植物の香りの成分は数千年もの間、古くは古代エジプト文明の時代から薫香や浸剤のかたちで使われていました。
現在の日常的なアロマセラピーボディトリートメントはキャリアオイルで希釈したエッセンシャルオイル(精油成分)を直接肌に塗布することでその成分を体内へ吸収させるとともに空気中に蒸散される精油成分を鼻から吸引し血液に送り込み体質の改善を行う自然療法です。
また空気中に広がる芳しい香りが脳(大脳辺縁系)に伝わり心までもリラックスさせてくれます。
まさに心と体の両面に働きかける療法です。
健康を害う原因の一つであるストレスには精神的なものだけでなく、凝りや痛みという肉体的な不快感も含まれている為ボディトリートメントによって不快感を和らげることはストレッサーを軽減し血行が促進されることで精油の成分も隈なく行き渡るようになります。
また、人の手に触れられているという安心感、強張っていた筋肉が和 らいでいく開放感、セラピストのハンドテクニックといった"気持ち良さ" もアロマセラピーボディトリートメントの付加価値の高い要素です。 アロマセラピーはリラクゼーションやストレスケア、そして美容や健康 維持、疲労回復に役立てることができます。私たちは日々色んなスト レスに囲まれて生きています。 入浴やトリートメント、セルフスキンケ アなど、 アロマセラピーをうまく生活に取り入れていくことは、 身体と 心のバランスを取り戻すのに大きな助けとなるでしょう。
■リンパドレナージュ/Lymph drainage
リンパドレナージュ(Lymph drainage)は1932年にエミール・ヴォッダー博士によって開発された身体機能や
美容効果を高める手技療法のことです。フランス語で和訳すると『リンパ排出法』という意味です。
その手技は非常に軽いタッチで、ゆっくりとした単調な動きで行ないます。ドレナージュ自体の動きによるリンパ循環の改善のほかリンパ管の収縮作用も期待できます。
この手技で期待できる作用は、むくみや冷え性の改善の他交感神経の鎮静作用、皮膚のたるみ解消作用などがあります。リンパ系の流れが悪くなると、むくみ・こり・シミ・たるみ等の症状に現れ結果、代謝の低下などで体調不良を招く原因となります。リンパドレナージュによりリンパ液の排出をスムーズにし老廃物を滞りなく排出できるように働きかけることを目的とします。
リンパは一般に管状の「リンパ管」を指し、血管のように全身に張り巡らされ、中には「リンパ液」という液体がゆっくりと流れています。
リンパは結合組織にある過剰水分、タンパク質、老廃物などを、リンパ液の流れとともに浄化、濾過、濃縮した後、血流で運び込む役目をします。
リンパは静脈の性質に似ていて、きつく締め付ける下着や靴下などを履くと簡単に流れが妨げられむくみとなることが多く、リンパ節に沿って軽くさするだけのマッサージでかなりその流れを改善することができます。
リンパ管が多い箇所は顔の周辺、脇の下、足の付け根、左鎖骨でリンパの流れを良くするとむくみや肌荒れの改善ができ夏ばてや風邪の予防にも有効です。
■リフレクソロジー/Reflexology
リフレクソロジー(Reflexology)は反射療法とも呼ばれ、主に足の裏(手のひら等を含む場合もある)の特定部位を押せば体の特定部位に変化が起こる現象を活用し、疲労の改善などをはかる療法です。
足や手にある全身の反射区を刺激して自然治癒力(人間の身体に生まれながらに備わる自然に病気を治す機能)を呼び起こす健康法です。名称の由来はREFLEX(反射)とOLOGY (学や論の意味を表す名詞を作る接尾語)を合わせた造語です。日常の会話では短縮形で 「リフレ」 あるいは 「足裏マッサージ」と呼ばれています。
反射区を刺激することによりリンパ液や血液の流れが良くなり新陳代謝が活性化され老廃物も出やすくなります。またホルモンの分泌のバランスを整えたり心地良い感覚を得られる事によりリラックスもできストレス解消ともなります。更には疲労回復・健康増進・病気予防に役にたちます。
【反射区とは】
頭から骨盤までがちょうど縮小した形で存在します。親指が頭、小指の付け根が肩、かかとが腰という感じです。
基本的に右足は右半身、左足は左半身にあたります。但しあごから上の部分は右と左が逆になります。足の裏側は主に身体の表面(顔側)で足の甲側は裏面(背中側)にあたります。
【反射区とつぼ】
つぼというのは身体の経絡に沿って全身にある点のことです。また身体の一部に全身の縮図が投影されていることを反射といい、それぞれの臓器や器官にあたる部分を反射区といいます。このようにつぼと反射区は全く違うものなのです。ですから本来足つぼマッサージといういい方はおかしいのですがわかりやすくするために使 われているか、つぼ刺激も取り入れている場合に使われていると思われます。
【第2の心臓と呼ばれる足】
血液は心臓から全身に送り出され、心臓から最も遠い足からは足の血管の収縮・弛緩により戻ります。心臓以外に血管が収縮・弛緩するのは足だけです。このように足は心臓同様血液循環を良くするポンプ作用があるので「足は第2の心臓」と呼ばれるのです。このポンプ作用は歩いたり、リフレクソロジーのように足を刺激することにより働きます。
リフレクソロジーは全身の血行をよくするのです。
OTHERS
お断り
ご利用の前に
私たち
アロマセラピーについて
エッセンシャルオイルの効能
種類豊富な精油たち
求人情報
リンク
セラピストブログ
店舗情報
店名
ma-cherie -マシェリ-
所在地
福岡市中央区大名1-1-9
アトラス11F
電話番号
上記電話番号をクリック
営業時間
10:00〜20:00
受付時間
9:30〜18:30
運営会社
株式会社クレアトゥール
サロン責任者
安部瑠璃子
トリートメントルーム数
5ルーム
使用キャリアオイル
Pure-As Co.社製ホホバオイル
使用エッセンシャルオイル
プラナロム社製ケモタイプ20種類
福岡 博多駅そば 男性専用アロマオイルトリートメントサロン「Aromaflair/アロマフレア」
福岡 アロママッサージ AROMALOEL(アロマロエル)
福岡アロマリラクゼーションマッサージAromalevel(アロマレーベル)